2017.08.25 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2017.03.31 Friday

    舞戝亙史研究会入会のオスゝメ

    0

      舞鶴地方史研究会の入会のお願いです。

       

      舞鶴地方史研究会の会員の高齢化がすすんでいます。
      管理人である私は50代後半ですが、これでもかなり若い方です(T_T)。
      20代、30代、40代、50代の方で、歴史に関心のある方の入会をぜひお願いします。
      もちろん60代以上のシルバーパワー、ゴールドパワー(?)も大歓迎です。

      舞鶴地方史研究会では、毎月の例会の他、田辺藩裁判資料研究会と舞鶴中世史研究会を毎月行っています。

      田辺藩裁判資料研究会は田辺藩(舞鶴)での判決の記録を読んでいます。読みやすい古文書なので、古文書解読の入門編としても最適です。

      舞鶴中世史研究会では、おもに室町時代の舞鶴の古文書を読んでいます。こちらはちょっとばかりむずかしいですが、みんなでウンウン考えながら進めています。でもこれがわかったらスゴイ。

       

      その他にも毎夏には古文書調査を実施しています。


      また、毎年一回、「舞鶴地方史研究」という会誌を発行しています。

      かといって、例会に毎回出席しないと責められるなんてことはないし(事実、そういう方は多いです)、論文を書かなきゃならないという義務もありません。何もしなくても除名されたりしません。安心してください。現在の会員は50名ほどです。

      会費は3,000円/年です。
      入会されると「舞鶴地方史研究」(500円)と「両丹地方史研究」(500円)が無償で配布され、例会の参加は無料です。 毎月のニュースがご自宅に届きます。
      (田辺藩裁判資料研究会と舞鶴中世史研究会にご参加される方は、資料代として別途費用がかかります)

      入会していただける方は、コメントなどでご連絡ください。ご案内をいたします。

       

      「研究」なんて、と思わなくても大丈夫。歴史が好きな人なら誰でもどうぞ。

       


      2017.03.04 Saturday

      3月の予定

      0

        舞鶴地方史研究会ニュースVol.144(2017)


        舞鶴地方史研究会例会
        内容 フィールドワーク
        「伊佐津川の瀬替えに関わる遺構を訪ねる」
        日時 3月20日【月・祝】 午後1時30分〜午後4時
        会場 黒八教会集合(乗り合わせで現地へ移動)
          講師 堀田信義氏(愛知県知立市在住)他

        ・伊佐津川右岸の南北4.9kmに渡り、「西舞鶴道路」の建設がはじま っています(詳細は国道交通省近畿地方整備局のHPを参照)。
        この道路建設により景観が大きく変わることが予想されます。
        ・普段は見慣れたものですが、いったん変わってしまうと人々の記 憶からすぐに忘れ去られてしまいがちなのが景観です。それは二 度と再現できません。
        ・この例会では、以前の例会で瀬替えについて発表していただいた 堀田信義氏にご同行いただき、伊佐津川に沿って歩きながら、瀬 替え遺構をふくむこの地域の景観を確認したいと思います。
        ・申し込みは不用です。雨天中止とします。行程の詳細は検討中で すが、九枠橋から相生橋まで歩くことになる可能性もあります。 歩きやすい服装と履物でご参加下さい。

         

         

        田辺藩裁判資料研究会
        日時 3月25日【土】
            午後2時〜午後4時
        会場 黒八教会(会長加藤宅) 北の間
          内容 田邊藩裁判資料 刑罪筋日記抜書 雑記四冊の内一
        1-131頁 七十九から
                                                                             
        舞戝羸せ妨Φ羃
          出席できない方が多いため、勝手ながら三月は中止とします。


        2017.01.26 Thursday

        2月の予定

        0

          舞戝羸せ妨Φ羃
           日時 2月18日【土】
               午後2時〜午後4時
           会場 西公民館
           内容  梅垣西浦文書 
               二ノ五から
                              

          田辺藩裁判資料研究会
           日時 2月25日【土】
               午後10時〜午後12時
                      (時間変更注意)     
           会場 黒八教会(会長加藤宅) 北の間
            内容 田邊藩裁判資料 刑罪筋日記抜書 雑記 

           

          舞鶴地方史研究会例会
           内容 「1291年の大内庄(余内・池内)の寺社のこと」
           日時 2月25日【土】 午後2時〜午後4時
           会場 西総合会館2階 201号室
            講師 高橋聰子氏(会員)
          ・『舞貉垰膨婿吠埔紂385頁には、

           東寺文書「丹後国大内庄所当米『注進状』」が掲載されていますが、

           文書の前半部分が省略されています。
           しかしこの部分には、当時の大内庄の寺社の名が記されており、

           そのなかには、今はもうなくなった寺社もあります。
           今回はこれを手がかりに、当時の大内庄の様子をさぐります。
          ・『舞戝亙史研究』第45号をお持ちください(当日販売もあります)。
          ・『舞貉垰法拂婿吠埔紂249、300、380、407頁を事前にお読み頂くと、

           ご理解が深まります。

           

          その他
           京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)成果報告会 in Miyazu  
              2月18日(土)13時00分〜17時30分
              シンポジウム「海からみる丹後の歴史・文化」
               2月19日(日)13時30分〜16時30分
               シンポジウム「宮津新浜の芸能文化と社会・人・まち」
             みやづ歴史の館 文化ホール(宮津市鶴賀2164)
           福井県立若狭歴史博物館郷土史講座 「古代若狭と丹後」
             2月19日【日】13時30分〜  酒井健治氏(館職員)
           ふるさとサロン−籠城図を読み解こう−
             2月26日(日)13:30  舞豢薪攣駑全
           


          2017.01.15 Sunday

          大雪の舞

          0

            こんにちは。

            ご無沙汰しています。久しぶりにブログをします。

            新年になりました。おめでとうございます。

            昨日と今日は大雪でした。

             

             

            昨日(1月14日)の晩、東舞鶴の私の自宅の2階から撮影した写真です。

            午後5時頃です。

            その夜も降りましたから、今日はプラス10cmぐらいと思ってください。

            今朝は朝七時から雪かきでした。

            1月は地方史研究会はお休みです。

            雪の降る日は、自宅にこもっているのが一番。

            古文書に挑戦しながらまったり過ごしました。

             

            大雪ではありましたが、今シーズン最初の積雪ですから、地面は冷え切っておらず

            今日の午後は地熱のせいで溶けているところも多かったです。

            ではまた。

            今月末には例会ニュースを発送します。

            2月から活動再開です。

             

             

             

             

             

             


            2016.10.30 Sunday

            11月の予定(例会ニュース vol.141

            0

              先日まで暑かったのに、もう木枯らしが吹く季節になりましたね。
              10月8日の東光寺跡現地発掘説明。

               

               

               

              6世紀中頃の横穴式石室(写真)が検出されたことの他、

              中世の柱穴や墓石が出土したことから、

              その地名が示すとおり、

              中世寺院跡である可能性が高いことなどが報告されました。

               

               

               

              11月の予定

              舞鶴地方史研究会10月例会
              「平成28年度両丹地方史研究者発表大会」
              日 時 11月6日(日)午後1時から5時(受付12時半)
              会 場 交流プラザふくちやま三階視聴覚室(JR福知山駅北口)
                発 表
               「嶺田楓江(みねたふうこう)の思想について」(公文公雄氏 当会会員)
              「小室信夫について」(羽淵徹氏 宮津市)
              「室町時代の一色氏について」(森哲也氏 岩滝町)
              「元伊勢外宮豊受大神社の御師について」(佐古田廣文氏 福知山市)

               「『万籟遺稿』についての若干の疑問点」(川端二三三郎氏 綾部市)
                入場無料 駐車場あり どなたでもご参加いただけます

              舞鶴中世史研究会
              日 時 11月19日【土】  午後2時〜午後4時
              会 場 西総合会館 林業センター研修室
                梅垣西浦文書第一巻の総括 ついで第二巻へ

              舞鶴地方史研究会例会11月例会
              内 容 竹屋町文書にみる朝代祭礼
                読み手 上井一雄氏(当会会員)
              日 時 11月20日【日】 午後2時〜午後4時
              会 場 西総合会館 西支所三階視聴覚室

               

               

              田辺藩裁判資料研究会
              日 時 11月26日【土】 午後2時〜午後4時
              会 場 黒八教会(会長加藤宅) 北の間
                田邊藩裁判資料 刑罪筋日記抜書 雑記四冊の内二 1-104 六十九の再読

               

               

              『舞鶴地方史研究』への投稿をお待ちします。原稿締め切りは来年二月。

               


              2016.10.17 Monday

              両丹地方史研究者発表大会の発表者が決定しました

              0

                平成28年度両丹地方史研究者発表大会

                 

                日時 平成28年11月6日【日】
                受付 12時30分
                開会 13時(17時閉会予定)

                交流プラザ福知山 三階視聴覚室

                 

                発表
                 崗室信夫について」 宮津市 羽渕 徹氏
                ◆崋篠期の一色氏について」 岩滝町 森 哲也氏
                「嶺田楓江の思想について」 舞鶴市 公文公雄氏
                ぁ屐慄籟遺稿』についての若干の疑問点」綾部市 川端二三三郎氏
                ァ峺軌棒外宮豊受大神社の御師について」 福知山市 佐古田廣文氏

                 

                 

                入場無料
                舞鶴地方史研究会の会員でなくても入場できます

                 

                主催 両丹地方史研究者協議会(開催地域福知山)
                後援 京都府立丹後郷土資料館

                 

                 


                2016.10.15 Saturday

                浮島物語(舞鶴郷土資料館企画展)

                0

                  舞鶴郷土資料館「舞鶴ふるさと発見館」では

                  以下の企画展示を行っています。

                  展示会場は知恵蔵ですので、お間違えのないよう。

                  ミニ講座は郷土資料館です。

                   

                  舞鶴ふるさと発見館企画展示

                   

                  浮島物語
                  −島から新舞鶴港へ−

                   

                  会期 10月8日【土】〜11月23日【水】
                  会場 舞鶴知恵蔵特別展示室
                  入館料 無料

                   

                   

                  舞鶴郷土資料館ミニ講座
                  第1回 「千歳の『ふりもん』」
                  講師 竹内謙一 西公民館館長

                  日時 10月22日【土】13時30分〜15時00分

                   

                  第2回 「津田家文書『夏汐満干伝(なつしおまんかんでん)』を読む」
                  講師 館職員 資料代実費徴収
                          日時 10月30日【日】13時30分〜15時00分
                  どちらも会場は、舞鶴ふるさと発見館 サロンスペース


                  お問い合わせ
                  舞鶴市郷土資料館"舞鶴ふるさと発見館"
                      電話 0773-75-8836


                  2016.10.15 Saturday

                  10月の予定

                  0

                    舞鶴地方史研究会ニュースVol.140
                                                                                (2016)
                    9月例会は、当会会員で芦屋でも古文書のサークルをされている寺井正文さんのご発表でした。
                    幕末の一熊本藩士が書いた『京都美耶解』。

                    文久3年の3月からの京都での風聞が細かく書いてあります。
                    今回活字化された冊子は3月から7月までの部分。

                    この後,4冊の続編が出る予定です。著者は藩政の中枢にいたとはいえない人物です。

                    それなのに幕府や朝廷の有様をここまで詳しく知っていたのが不思議です。
                    会場での冊子販売金は、舞鶴地方史研究会に寄付していただきました。

                     

                     

                    舞鶴中世史研究会
                    日 時 10月15日【土】  午後2時〜4時
                    会 場 西支所三階研修室
                      梅垣西浦文書 「一ノ一九 末守名六分一名主聖久田地売券」から

                    田辺藩裁判資料研究会
                    日 時 10月22日【土】  午後2時〜4時
                    会 場 黒八教会(会長加藤宅) 北の間
                      田邊藩裁判資料 刑罪筋日記抜書雑記四冊の内一 1-102頁から
                    舞鶴地方史研究会例会10月例会
                    「平成28年度両丹地方史研究者発表大会」で代替
                    日 時 11月6日(日)午後1時から5時(受付12時半)
                    会 場 交流プラザふくちやま三階視聴覚室
                    (JR福知山駅北口 向かって左)
                      発表者 公文公雄氏(当会会員)他
                    演 題 『詩人嶺田楓江(みねたふうこう)が考えていたこと』(公文氏)他

                     

                    11月例会は別途実施します。

                     

                    お知らせ
                    東光寺跡・東光寺古墳の発掘現地説明会(京都府埋文センター)
                    10月8日(土)午後1時30分〜 舞鶴市京田

                    『舞鶴地方史研究』への投稿をお待ちします。原稿締め切りは来年二月。

                     

                     

                     


                    2016.09.08 Thursday

                    「『京都美耶解』にみる幕末の京都」−肥後藩士の文久年間京都探索記より-

                    0

                      舞鶴地方史研究会9月例会

                       

                      「『京都美耶解』にみる幕末の京都」
                      −肥後藩士の文久年間京都探索記より−


                      日 時 9月25日【日】
                      午後2時〜4時
                      会 場 西総合会館 三階視聴覚室
                      発 表 寺井 正文 氏(本会会員)


                       
                        『京都美耶解』とは
                        1863(文久3)年、肥後細川家が京都守衛を命じられた時、随
                        行した細川家中の岩崎直衛昌重が京都で見聞した事柄を、国元の
                        兄に書き送りました。それらを兄の元で清書・編集したものが『京
                        都美耶解』全五冊です。
                        「芦屋古文書に親しむ会」ではこの読解に取り組まれています。
                        今回翻刻されたのは全五冊のうち第一冊「前編上」です。ここで
                        は1863(文久3)年3月から7月に京都で見聞した事柄が記録さ
                        れています。

                       

                      文久三年(1863)の主な出来事
                      3月 将軍徳川家茂、入京
                      5月 長州藩、関門海峡通過中の外国艦船を砲撃
                      6月 高杉晋作、奇兵隊を結成
                      6月 将軍徳川家茂、江戸に帰る
                      7月 薩英戦争。イギリス軍艦、鹿児島に砲撃し薩摩藩応戦
                      8月 公家中山忠光らの天誅組、大和五条代官所を襲撃
                      8月 八・一八の政変。近藤勇ら新選組の隊名を得る
                      8月 七卿落ち。三条実美ら、七卿が都落ち


                      2016.08.29 Monday

                      九月の予定

                      0

                        今夏はリオ五輪一色でしたね。

                        みどころがたくさんありました。

                        2020年東京五輪にむけて期待がふくらみます。
                        さて、前回の東京五輪は1964年でしたが、

                        その前に幻の東京五輪がありました。

                        1940年に予定されていましたが、

                        日中戦争と第二次世界大戦のため中止となりました。
                        いま、極東の海では緊張した状態が続いています。

                        また、世界中でナショナリズムが強まっています。

                        2020年の五輪が80年前の再現にならないように願うばかりです。
                        9月から各例会が再開されます。

                         

                        舞鶴中世史研究会
                          日 時  9月17日【土】 午後2時〜4時
                        会 場  西総合会館(西支所の建物)三階研修室
                        梅垣西浦文書 一ノ一七 「奉行祐泉・道喜連署名田宛行状」から

                         

                         

                        田辺藩裁判資料研究会
                        日 時 9月24日【土】  午後2時〜4時
                        会 場 黒八教会(会長加藤宅) 北の間
                          刑罪筋日記抜書 雑記四冊の内二 1−93頁 六十から

                         

                         

                        舞鶴地方史研究会例会
                        日 時 9月25日【日】  午後2時〜4時       
                        会 場 西総合会館(西支所の建物)三階視聴覚室
                        発 表 寺井 正文 氏(本会会員)
                        演 題「『京都美耶解』にみる幕末の京都」
                        −肥後藩士の文久年間京都探索記より−

                         

                         

                         


                        << | 2/38PAGES | >>